家庭教師

早い段階でのお受験

近頃では当たり前

学生

学歴社会となっている現代では、子供を出来るだけいい学校へ入れたいと希望する親も多く、そのため、特に首都圏をはじめとする大都市では中学受験は当たり前であり、多い学校であるとクラスの半分が中学受験をすると言われています。特に公立中学校であると、学級崩壊などと言った心配が多く、そのような点への保護者の心配もあり、中学受験を希望する親が増えています。また、近頃では中高一貫校も増えており、大学までエスカレーターで進学することが出来る学校も多く、早い段階で受験を経験しておくことで、今後余裕を持って過ごせるようにしたいという希望を持っている保護者も多いです。そのようなことから中学受験をする子どもが増えていると言われています。

メリットとデメリットは

それでは、中学受験をすることのメリットとデメリットに関してはどのようなものが挙げられるのでしょうか。まずメリットに関しては、公立中学校と比べて、レベルの高い教育を受けることが出来るという点が挙げられます。特に私立中学校や国立・公立の中高一貫校であると、高校の内容を先取りすることも多く、そのため早いペースで勉強することで大学受験に余裕をもって取り組むことが出来ます。ですが、そのような頭のいい子が集まる環境であると、精神面も成熟している子が多く、そのためにいじめなどがあった際に表面に出てこない陰湿ないじめであることが多いです。しかし、いじめの問題は私立中学校に限った話ではありませんので、私立中学校のみのデメリットであるということではありません。公立でも私立でも、それぞれの子どもに合った環境を探してあげるのが、親の勤めではないでしょうか。

Copyright ©2015 スクールIEの現状|評判の塾で成績右肩上がり! All Rights Reserved.